スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパニーズピグミーシーホース

P1030207_convert_20110108192620.jpg

 【 Location 】 和歌山 みなべ
 【 Point   】 ショウガセ / タカシマ

 ジャパニーズピグミーシーホース(俗称) / 学名 Hippocampus sp.

 今年、初ダイブの時にみました。ジャパニーズピグミーシーホース 通称 ジャパピグ。

 体長は、1cmにも満たないタツノオトシゴ属の1種。名前(学名)はまだない。

名前の由来はというと、
 海外で1〜2センチの極小タツノオトシゴが発見され、ピグミーシーホース(学名:Hippocampus bargabanti)と名づけられました。そして、同じくらい小さなタツノオトシゴが、日本でも発見され、「ジャパニーズピグミーシーホース」と呼ばれるようになったそうです。国内からの報告しか無い様でジャパニーズピグミーシーホース(俗称)で呼ばれてますが、今後どんな標準和名が付くのですかね。

 ちなみに、ジャパニーズピグミーシーホースとピグミーシーホースの違いは、

 ジャパニーズピグミーシーホース
 一般的に言われている特徴として、体に網目模様がついており、岩場の海藻などについていることが特徴です。
 ピグミーシーホース
 ウミウチワについていることが特徴です。

 しかし、体長1cmにも満たないジャパピグ君。

 大きな海の
  ショウガセの
   根の
    あそこにいるなんて、
  早々見れるもんじゃない。

また、見たいといっても、人通り(ダイバー通り)の多いあそこなら誰かのフィンキックの一撃で流されてしまうだろうなぁ~。

 今回(上の写真は、マクロレンズ2枚重ねて撮影しました。よく、あちこちと顔を背けるのでとても難しい。10枚近く撮って、これです。下の写真は、2009年のタカシマにいましたタカシマ君。この子は、元気で海草にジッとしておらず元気に泳いでいて偶然ピンがあいました。

P4290702_convert_20110108192718.jpg


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

vskx77099

Author:vskx77099
も~り~のんびり海日記へようこそ!

大阪府大東市在住です。

2006/10 BSAC OW
2009/03 NAUI DiveMaster
2010/10 400th Dive
2012/01 500th Dive
主に和歌山のみなべや須江で潜っています。
2012年は、柏島や大瀬崎に行ったり行動範囲が広がっています

☆コンデジ
Olympus ℳ1020
Olympus XZ-1 BK
☆レンズ
ワイド;INON UWL-100
マクロ;INON UCL-330、UCL-165M67

★一眼レフ カメラ
Canon EOS KISS X4

★レンズ
EF-S18-55mm f3.5-5.6IS
EF-S60mm F2.8マクロ USM
EF-100mm F2.8マクロ USM

★ハウジング&ストロボ
Sea&Sea RDX-550D
INON D2000 Type3

只今、一眼修行中

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。