スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールマンシュリンプ

PC110129_convert_20101223151351.jpg

 【 Location 】 和歌山 みなべ
 【 Point   】 *****

 コールマンシュリンプ / Periclimenes colemani

 今年の初秋?より、シュリンプ(エビ)づくし。

 食べるということではありません。ダイビングでの固体観察?づくしです。フリソデエビ、ゴルゴニアンシュリンプ、そして今回初めて見ましたコールマンシュリンプ。

 このコールマンシュリンプは、イイジマフクロウニを住居にしています。ゴルゴニアンシュリンプと違って、大きさは1~1.5cm位の小さくてかわいいサイズ。しかし、住居のイイジマフクロウニの棘には、猛毒を持っているので、とても危険です。写真を撮るとき一瞬躊躇してしまいます。マクロレンズの焦点距離は5cmくらい。うねりなどで、寄ってきたらどうしようと考えてしまいますよね。
 イイジマフクロウニって海によく見かけますが、イイジマフクロウニが移動するとコールマンシュリンプも一緒に移動してしまいます。この子も長居してくれるといいですが...。

PC110132_convert_20101223151748.jpg

 イイジマフクロウニをお宿にするのは、ゼンブラガニが有名です。ゼブラガニとコールマンシュリンプが住むイイジマフクロウニの外見に特徴があるみたいです。
 チェックポイントもシンプルで、棘の刈り込み具合を見れば分かるらしいです。

  ・ 一直線ハゲはゼブラガニ

  ・ 十円ハゲなら、コールマンシュリンプ

                             だとか...。

 次回からは、このことを念頭に入れてイイジマフクロウニを観察して、見つかれば独り占めします。

 えっ?なんでかって?一人で見つけて教えてくれなかった方がいるからです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

vskx77099

Author:vskx77099
も~り~のんびり海日記へようこそ!

大阪府大東市在住です。

2006/10 BSAC OW
2009/03 NAUI DiveMaster
2010/10 400th Dive
2012/01 500th Dive
主に和歌山のみなべや須江で潜っています。
2012年は、柏島や大瀬崎に行ったり行動範囲が広がっています

☆コンデジ
Olympus ℳ1020
Olympus XZ-1 BK
☆レンズ
ワイド;INON UWL-100
マクロ;INON UCL-330、UCL-165M67

★一眼レフ カメラ
Canon EOS KISS X4

★レンズ
EF-S18-55mm f3.5-5.6IS
EF-S60mm F2.8マクロ USM
EF-100mm F2.8マクロ USM

★ハウジング&ストロボ
Sea&Sea RDX-550D
INON D2000 Type3

只今、一眼修行中

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。