スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボロカサゴyg

IMG_8090_convert_20121117073937.jpg

 ボロカサゴ   学名:Rhinopias frondosa
 Location  四国 柏島  Point 後浜1


 ボロカサゴ。
 ダイビングで1生に1回みれるかどうかというレアな生き物。
 でも、私は何度も見ています。撮影データはありませんが!というよりあったのですが・・・。

 しかし、今回はボロカサゴの幼魚。ガイドさんがスレートに書いて案内してくれるのですが、
分からず・・・。パッと見、ハダカハオコゼに似ていませんか?しかもフラフラしているしぃ。

スポンサーサイト

ハダカハオコゼ

IMG_7982_convert_20121114080818.jpg

 ハダカハオコゼ  学名:Taenianotus triacanthus
 Location : 四国 柏島  Point : 民家下北

ハダカハオコゼ。
黄色?金色でとっても綺麗です。

ふだんは、潮の流れに身をまかせゆらゆらと揺れている。
しかし、見た目と違い、長い背びれに毒トゲを持っている。非常に痛いらしい。
見た目と大違い。

ただ、いい場所にいました。ホムラハゼの穴の近くにいて、ホムラ待ちの被写体として・・・。
申し訳ない。

ホウセキカサゴ

IMG_8050_convert_20121111083647.jpg

 ホウセキカサゴ 学名 : Rhinopias eschmeyeri /英名 : Eschmeyer's scorpionfish
 Location : 四国 柏島  Point : 後浜 1番ブイ


 ホウセキカサゴ。
 最近なにかと噂になっている。今の柏島といえば、コレ。発見当初は、ボロカサゴと言われていましたが、
 鹿児島の大学の先生に確認をすると「ボロ」ではないということ。

 インド洋西部のモーリシャスなどに分布。とあるところから、インド洋から西部太平洋にかけて分布していいるらしい日本では、過去に和歌山県で現れているそうです。

 ボロカサゴとの区別の仕方は、
 ・体表の皮弁が少ないこと
 ・背びれの棘の間の鰭膜が切れ込まず、ふちが滑らかであること
 で区別するみたいです。

 ホウセキカサゴなら、もっと写真を照っておけばよかった・・・


 

ツマジロオコゼ

IMG_5965_convert_20120603045215.jpg

 ツマジロオコゼ  学名:Ablabys taenianotus

 Location :四国 柏島 / Point ; ストーンウウォール


 ツマジロオコゼ。

 数年ぶりにツマジロオコゼを見ました。たぶん、写真に納めたのは今回が初めて。

 安全停止中に、ガレキをめくっていたら出てきました。
 狙いは、私がリクエストした「カエルアンコウモドキ」を探してくれていたんだと思います。
 
 安全停止中でも遊べるのはいいですよね




 
プロフィール

vskx77099

Author:vskx77099
も~り~のんびり海日記へようこそ!

大阪府大東市在住です。

2006/10 BSAC OW
2009/03 NAUI DiveMaster
2010/10 400th Dive
2012/01 500th Dive
主に和歌山のみなべや須江で潜っています。
2012年は、柏島や大瀬崎に行ったり行動範囲が広がっています

☆コンデジ
Olympus ℳ1020
Olympus XZ-1 BK
☆レンズ
ワイド;INON UWL-100
マクロ;INON UCL-330、UCL-165M67

★一眼レフ カメラ
Canon EOS KISS X4

★レンズ
EF-S18-55mm f3.5-5.6IS
EF-S60mm F2.8マクロ USM
EF-100mm F2.8マクロ USM

★ハウジング&ストロボ
Sea&Sea RDX-550D
INON D2000 Type3

只今、一眼修行中

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。